注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

卓三的博客

山外青山楼外楼

 
 
 

日志

 
 

倾听乌镇(之二 )  

2010-12-04 08:08:30|  分类: 随笔 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

 

倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客

 

倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客

 

倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客

 

倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客

 

倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客

 

倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客

 

倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客

 

倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客

 

倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客

 

倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客

 

倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客

  

倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客

 

“通门开数万家,西环浙水     桥人至三千里,北望燕京”

                                                   ―――倾听乌镇(之二  )                 

                                                    卓 三/10.12.2

黄昏落霞,叮咚有声落长河,橹摇波歌,光递百里曲曲新。

即将退尽街市里南腔北调的喧闹,小桥卸下重负,一条又一条地舒了舒身,裸立在天光之下,迎来黄雀散聚桥栏,它们轻声细语地交头接耳,是在庆贺一天游人吵闹之后稍得的休憩,还是在笑我们不识乌镇桥的文韵和声?

我听到了,第一个为我读出这里桥的丰韵的是那位淘米的少妇,她蹲在河岸伸到水里的石阶上,手拿小竹筛淘着米,身边的小男孩按住她的肩膀,好奇地问:“妈,妈,你说鸟都喜欢读书,在哪里读啊?”少妇抬起头,用右手比着那座桥,微笑着回答:“瞧,桥上的小鸟就在读呢!”小孩急着问:“读什么?”少妇说:“现在你还小,听不懂呢。”小孩更急了问:“你说吧,读什么!”

“浦上花香追屐去,

   寺前塔影送船来。”

少妇读一句,小孩跟一句,我高兴地跟着背下这副翠波桥上的对联。

是放学的时候了,过桥的学生,好像都是小学的。无巧不成书啊,他们正在说这副桥联呢!一位女学生问一位男生:“老师让我们去查一下‘浦上’是指什么地方,‘屐’是什么。你怎么‘屐’就是木头底的鞋也不懂?”

我们讲耳濡目染,乌镇的桥正在示范着呢!

 

我特别想在通济桥逗留,因为曾经读过那里桥南侧的一副联:

“寒树烟中,尽乌戍六朝旧地;

  夕阳帆外,是吴兴几点远山。”

倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客倾听乌镇(之二  ) - 卓三 - 卓三的博客我还有些疑惑,吴兴在乌戍(乌镇)西北的太湖,远着呢,是不是由于2300多年前,“战国四君子”之一的楚国公子春申君黄歇,在现在的吴兴地区云巢山下,建了菰城,发展农业生产,最早开启了吴兴的文明史,乌镇人把自己的“六朝旧地”有意和吴兴的“几点远山”联系在一起?

看来我孤陋寡闻了,当地的先生说,众所周知,“六朝旧地”是吴兴沈约的功劳,可还有南朝亡国之君陈叔宝,元朝三位大画家赵奕、吴廷晖、王蒙,民国时期的五四运动倡导者钱玄同等等,都是吴兴人啊。由乌镇联想到吴兴,是文化联系的必然!再说“西塞山前白鹭飞,桃花流水鳜鱼肥”讲的西塞山就在吴兴,联家所说的“远山”至少是云巢山和西塞山啊!


  通济桥与横跨西市河的仁济桥是直角相连的,合称“桥里桥”。该桥重建于明正德十年,单孔拱月,纵贯东西,桥朝北还有一联:

 “通门开数万家,西环浙水,

   桥人至三千里,北望燕京”。

 多么动人心弦的视野宽阔的桥联之声!这声音展示的开阔胸襟,容纳江南江北的文化之声,孕育着浙水万千文明!秋风萧瑟,水波荡漾,桥的各种影子不断涌来……

桥啊,历来都是连心的灵犀,梁山伯与祝英台十八相送,桥听湖鹅叫“哥哥”;杭州断桥白娘子几经磨难,酿起爱浪漫金山;崔莺莺无桥可通情爱,红娘子心桥相搭,幽会西厢……还有那冥冥之中的奈何桥啊,桥的终结,有愿意喝孟婆汤昂然而过的,更有留恋难以忘怀的,都在桥头犹豫,但终究还是要过去的,所有心桥的幻灭在此……而乌镇之桥,不仅搭过为扬乃武与小白菜平冤之桥,更是连通古代辉煌文渊到今日,诞生出沈雁冰这样文学巨匠!乌镇之桥,是清泉滴翠,百里平湖漾开千重的文化同心涟漪,拨响着万古留声的悦耳清音……

还想听听乌镇桥联的声音吗?

望虹桥南侧 :

“满目苍茫山自古,

   半湾活泼水源灵。”

          

通津桥 北侧

  " 两岸珠光分秀邑,

    一湾虹影束安流。”

 

紫梗桥 西侧

“白莲鎏慧水,

   紫梗育文澜。”

 

翠波桥 东侧

“一渠翠染诗人袖,

  终古波清客子心。”         

 

荐馨桥 南侧

“水隔一溪依依人影,

   塘开三里济济行踪。”

         

明庆高桥 南侧

“彩虹跨水明如画,

   白石横空影若环。”   

      

福兴桥(宫桥) 东侧

“ 东迤北汇源泉远,

    西导南回利泽长。”  

       

太平桥 

“龙脉南来通挹秀,

   鲸波东去会朝宗。”

 

浮澜桥 东侧

  "练水西来,烟色霏微开爽气;

   绣溪东去,日华荡漾涌晴澜。”

 

天色渐暗,那座石桥头的两盏大红灯笼,首先张开迎夜的眼,随着那大红散射的眼线,我的目光投向前方的雕栏平桥,薄暮里它反倒那么清晰,缕织了远古的繁华,收拢了今天旅者的关注,放大了时空的积淀,延伸了乌镇走向四海的通途……

那张张贴照片,是烟雨的乌镇小桥,沿河走来的行人的纸油伞,像是为我遮滴,好让我檐漏下看到那方单孔的残桥,它那么自得其乐,因为水冲去它的一臂,和维纳斯媲美,站在世间,没有了履迹的负担,想象完美了能工巧匠的杰作……

窄小的石拱桥,两头拱脚石阶不设石栏,意味着相让,叫人快快上桥面,那里才是凭栏远眺的暂时住脚地,听风听雨,平生领略,即使是过眼烟云,看好了,听明白了,总会到了另一番天地……

那么,长桥在哪儿?那是人们心中的虹,连虹跨万里,天下一胸中!听,水声溅溅拍手迎着繁星聚会的天涛声,乌镇川野,将珠光灿满冠,歌吹霄阙扬……

 

  评论这张
 
阅读(506)| 评论(66)
推荐 转载

历史上的今天

在LOFTER的更多文章

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017